インプラントとはどのような治療なのか

そもそも、インプラントとは何でしょうか。
インプラントとは、体内に埋め込む器具の総称で、皆さんが想像する人口の歯のことだけではありません。
骨を補強するボルトや人工内耳などもすべてインプラントの一つです。

今回は、皆さんがイメージする歯のタイプについて、紹介したいと思います。
インプラントといえば、歯の部分を想像しがちですが、実は違います。


本当は、歯茎に埋め込まれた土台の部分のことをさします。
この土台の部分は、チタンやチタン合金でできています。

チタンは、生体との親和性が高く、あごの骨に埋め込むと結合します。

この性質を活かして、土台を固定します。


そして、その上に義歯を装着すれば出来上がりです。
では、メリットとデメリットをみていきたいと思います。
メリットは、周囲への歯の負担が少ないということです。

今までの治療法である入れ歯やブリッジでは、歯を削ったり両隣の歯で支えたりと、大きな負担がかかりました。

朝日新聞デジタルの特徴を紹介するサイトです。

そのため、将来、健康だった歯までも失うリスクがありました。



しかし、インプラントでは、直接土台を埋め込むので周囲への影響がありません。

また、従来の方法よりしっかりと固定することができます。
一方デメリットは、治療費が保健の適用外のため高額であることです。一本につき、30万円前後します。

徳真会のクオーツタワー情報のお得な利用法をお教えします。

さらに、手術をする必要があるため、健康状態が良くないと受けることができませんし、治療期間が長くなります。

メリットとデメリットをよく考える必要があります。